どんなもの?

相続という言葉を聞いたことがある人は多いかも知れませんがその意味についてきちんと理解できている人は少ないです。法律の用語は特殊な意味があります。

相続というのは人がなくなった時にその人が死亡の時点で有していた財産を子どもや妻など身分関係にある人が受け継ぐことを言います。財産には権利や義務まで含まれます。プラスの財産もあればマイナスの財産もあります。この財産のことを遺産と呼びます。

プラスの財産ばかりであったら素直にすべて相続すれば問題はありません。しかし遺してくれたのがマイナスの財産ばかりだったらいい迷惑となってしまいます。子どもや妻など近い人だけに相続の権利があるわけではなく、場合によっては遠い親戚の遺産を相続しなくてはいけないというようなことになってしまう可能性もあるのです。

遺産には土地や建物、現金や預貯金もあれば貸金や売掛金などの債権も含まれます。これらはプラスの遺産です。マイナスの遺産としては借金や損害賠償債務などが考えられます。

また、権利や義務といっても継承しないものもあります。故人の一身に専属したものや位牌や墳墓、生命保険、死亡退職金、遺族年金など契約や法律によって支払われるものは継承されません。






What's New

2013/02/05
耳より記事3を更新。
2012/11/08
耳より記事2を更新。
2012/10/09
耳より記事を更新。
2012/6/13
遺言を更新。
2012/6/13
代襲相続を更新。
2012/6/13
権利を有する人を更新。
2012/6/13
いろんなルールを更新。
2012/6/13
相続の豆知識を更新。
2012/6/13
ホームページリニューアル

Recommend Entry

相続税

相続税ってなんでかかるの?香典の一つも持って来ない国に何で家族の財産で税が掛かるのか、疑問でしか無いのです。そんな何でも税と付けば納得すると思ったら大間違いです。

冷静な分割

遺書が残っていない場合、相続権は法律によって分割されます。その無機質な分割ぶりはかなりのものですので、やはりその後の問題を引きずる場合が少なくありません。

知り合い

わたいは親が死んだ時にまったく相続のこととか知らなくて戸惑いました。しかし、知り合いで詳しく知っている人がいてなんとか助かりました。やっぱりこういうことはすっかり知っておかなくてはなりません。

RECOMMEND SITE